英語ができる人は貴重な人材

英語ができる人は貴重な人材なので需要も多い。視野を広げて色々な仕事に目を向けてみましょう。 - 英語ができる人は貴重な人材

英語ができる人は貴重な人材

gargea英語を学んできた・自信があるという方もいらっしゃるかと思います。
現代の日本においても、グローバル化などとは言われているものの、やはり英語が堪能な人材というものは貴重であり、大きな「武器」にもなってくれるかと思います。
そこで、今回は英語が出来る人材について改めて考えてみましょう。

英語が出来る人材の需要について

まずはその需要からですが、答えから言えば「非常に高い」でしょう。
先にも触れたように、国内の企業においても海外との取引をしているところも多いですし、海外に支社があるというところもあるでしょう。

rgega また、外資系企業においては「常用語が英語である」というところもあるのです。そうした環境においては、英語が出来るということは前提条件ともなるのです。
即戦力としても期待をされることが高いので、英語が出来ないという人と比較をするとその需要は圧倒的なものといえるでしょう。

職業幅も広がる

grea
貴重な存在であること・需要が高いことを考えると、職種の幅というものも広くなるでしょう。
一般企業はもちろん、翻訳家からホテルマンなど職域が広がります。
ですから、自らにぴったりの環境へと進みやすいということもいえるのです。
今ある職環境でという視点に立っても英語が出来ることへのメリットは大きいものといえます。
業務の幅が広がりますので、「なくてはならない存在」だという方も少なくないのです。

英語を「プラス」するということ

とはいえ、英語だけを武器にするのは不安があるという声もあるでしょう。
そうした場合においてはプラスの材料として考えましょう。
こうしたスタンスが、さらに貴重な人材へと昇華させてくれるのです。
具体的に掘り下げてみると、英語が出来ることプラス専門的なスキルや実務能力を身に着けるなどということです。

正社員にこだわらなくても良い

m030338
英語を生かす仕事としては、先に触れた翻訳などといった専門的な仕事内容も多くなります。
こうした特殊なお仕事に関しては、残念ながら求人数も少なく「正社員求人が無い」などという声もあるでしょう。
最初の段階は、正社員にこだわらなくても良いかもしれません。
経験をつんでいけばフリーランスとして独立もしやすくなりますし、正社員登用のチャンスも英語が出来ることで高くなるかと思いますので、まずは自分自身が納得できる仕事をピックアップしてみるのもおすすめです。

積極的にアピールをしていこう

英語が出来るという方であれば、積極的にアピールをしていきましょう。
TOEICやMBAを取得しているというようであれば、それらもあわせてアピールしていきたいところです。
求人サイトなどから案件を探しているという場合には、プロフィールにそれらを記入しておくというのも良いでしょう。

インターシップを受けてみるのも良い

インターシップ制度があるようでしたら、そこからアプローチしていくという方法もあるでしょう。
さらに実用的な英語力を身につけたり発揮できることと思います。
また、そのまま就職へとステップアップしやすいかとも思います。

英語を活かして理想の職環境を

このように、英語が出来るということは大きな強みであり貴重な人材となりうるということがお分かりいただけたかと思います。
もし、その力があるという方は積極的にアピールをしていきましょう。
これから英語力を身につけたいという方も、その需要の高さを知っていただけたらと思います。

■PRサイト
英語を活かせる最新の求人情報
◎https://www.careercross.com/job-search/speciality-25

Copyright(C)2017 英語ができる人は貴重な人材 All Rights Reserved.